NGO非戦ネット

Facebookバナー            nanslロゴ
ニュース/イベント
 バックナンバーはコチラ
現場からの声
 バックナンバーはコチラ
賛同のお願い

NGO非戦ネットは、NGOの立場から非戦の声を上げてまいります。この動きを大きくしていくためには、多くの方の賛同が必要です。NGOとは市民社会組織であり、社会を構成する一人ひとりの集まりであることから、NGO非戦ネットと思いを同じくする方は、どなたでも賛同人となることができます。NGOならではの非戦の活動を、皆様と共に社会の中で行っていきたいと考えておりますので、ご賛同いただける方は、以下の情報を下記メールアドレスにお送りください。

送り先:特定非営利活動法人アーユス仏教国際協力ネットワーク tokyo@ngo-ayus.jp
* (「NGO非戦ネット賛同」と件名にご明記ください。)

<個人賛同>

私は、NGO非戦ネットに賛同します。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • (該当するものお選びください)
    (1)NGO職員、(2)NGO役員、(3)NGO会員、(4)一般
  • 上記の質問で(1)(2)(3)を選んだ方のNGO団体名
  • 団体名の公開の可否
  • メッセージ(あれば)

 

<団体賛同>

当会は、NGO非戦ネットに賛同します。

  • NGO団体名
  • 代表名
  • 担当者名
  • 連絡先メールアドレス
  • メッセージ(あれば)

 

FAXでお申込みの方はこちらから賛同用紙をダウンロードして、記載してあるFAX番号にお送りください。
*NGO関係者個人賛同の方へ お名前はウェブ等で公開いたします。所属団体名の公開は任意といたしますので、可か不可のどちらかをチェックしてください。「NGO関係者」とは、NGOの職員、理事、顧問、評議員など団体で役職がある方とします。

  • NGO団体賛同の方へ 団体名はウェブ等で公開いたします。
  • 賛同してくださる場合、個人の場合は賛同金が不要ですが、団体賛同の場合は一口5,000円で賛同金をお願いいたします。振込先はお申込みいただいた後、後ほどお知らせいたします。「NGO非戦ネット」として活動を進めるにあたり必要な経費にあてますので、ご理解の上お願い申しあげます。
NGO非戦ネットとは?
わたしたちは、現在国会で審議されている安全保障関連法案と、この法案を中心とした日本を戦争ができる国にしようとする動きに反対します。
NGO非戦ネットは、現場で国際協力活動・交流活動を行うNGOの有志が集う緩やかなネットワークです。
2002年にも同じ名前の「NGO非戦ネット」が立ち上がり、現場で活動するNGOの立場からイラク戦争と、それに伴う日本政府の有事法制に反対の声をあげました。
その後一旦ネットワークを整理・解散しましたが、現在の国際情勢と現場の状況を顧みない戦争法制を黙って見過ごすことができないと考え、最初の「NGO非戦ネット」の主旨を受け継ぎ、新たにNGOによる非戦のネットワークを作りました。
今後は、現場で活動する人間の立場から、声を上げ、イベントや情報発信を行っていきます。
NGO非戦ネット2015~ 趣意書

2015年7月2日 私たちは、国際協力・交流活動に取り組むNGOや市民の立場から、現在国会で審議されている安全保障関連法案とこの法案を中心とした日本を戦争ができる国にしようとする動きに反対します。私たちは、戦争が起こるカラクリや、人間としての当たり前の権利を奪われた人々の絶望と反発がテロの温床になっている現実を見つめてきました。世界各地での活動経験から、貧困や飢えから解放され、当たり前の権利を享受できてこそ、平和で安全な社会が導かれると確信しています。そのためには、対立を対話に変える努力を積み重ねなくてはなりません。国家間の平等な対話の実現は非対称な関係が続く限り難しくとも、市民と市民、地域と地域の間であれば実現することを私たちたちは現場で学んできました。信頼しあえる関係性があってこそ、安心して共に生きる社会が築けます。NGO非戦ネットは、武力で平和は作れないという信念のもと、NGOだからこそ発信できる声を市民に届け、市民が広く結集できるネットワークをめざします。

2002年7月4日、私たちは最初の「NGO非戦ネット」を作りました。9.11事件以降世界を席巻した対テロ戦争と、対テロの名のもとでの市民的な自由の規制に危機感をもったNGO有志が集まりました。そのときアメリカはイラクに対する戦争の準備を進めており、日本では有事立法が国会で審議されていました。「NGO非戦ネット」は「真の平和と安全保障を」と題する声明やイラク戦争に反対する声明を発表するとともに、各種イベント開催、平和デモへの参加、海外の対テロ戦争についての情報発信などを行いました。その後一旦組織を整理し解散しましたが、現在の国際情勢と日本で急速に進められている戦争に加担する政策や法整備の動きを黙って見過ごすことはできないと考え、最初の「NGO非戦ネット」の趣旨を受け継いで新たにNGOによる非戦の動きをつくることしました。

NGOは国境を越えて市民同士が協力し合い、国の利害を超えて貧困、環境、人権、紛争といった地球規模の問題の解決に取り組んできました。時には戦争の被害に苦しむ人々、貧しく抑圧された人々を直接支援しながら、彼らの声を国際社会に伝えることで不公正な政治、経済のあり方を問いただしてきました。また一方で、自然と共生し、独自の文化・価値観のもとで安心して暮らす人々の生活に触れ、「豊かさ」のあり方を共に学びあう交流の場を築いてきました。日本国憲法と9条が全世界の人々の平和的生存権を非軍事的な手段によって達成すると宣言したことを重く受け止めています。私たちは国際的な市民社会の連帯を基調とするNGOの立場から、非戦の思いを市民と政府に届け、今日本の各界各層に広がる戦争法制に反対する動きと力を合わせていきたいと思います。今黙っていて将来に悔いを残すよりは、たとえどんな小さな運動でも、思いを同じくする人が力を合わせて今できることをしたいと思います。

NGO非戦の誓い

日本は過去の戦争で、アジア諸国に加害者として深い傷跡を負わせました。そして私たちは広島・長崎の原爆や沖縄戦の悲劇を経験しました。戦争で犠牲になるのは常に一般の市民でした。特に沖縄では「捕虜になるより死を」との命令を守ったために、多くの人々が集団自決しました。彼らは米軍との戦争で殺されただけではなく、日本の戦争体制に殺されたのです。 日本の平和憲法はこうした経験に立って二度と戦争を起こさず、国際紛争を武力によらずに解決することを誓うものでした。この平和憲法と非戦の思想は日本が世界の平和に貢献する比類ない資源であり財産でありえたのです。しかし、私たちはこの財産を活用して平和作りの実践を積み上げていくことを怠っていました。政府のみならず私たちNGOも市民の立場でもう一度非戦の理念にたった平和作りに取り組まなければなりません。

今世界中で平和と公正を求める市民の声が広がっています。私たちもこうした動きとつながり、軍事化・暴力化する世界をねばりづよく変えていく必要があります。そのために、私たちは声上げて、現在安倍政権が推し進めている安保法制に反対します。そして政府や国連にだけ平和や安全保障の責任を預けるのではなく、国境を越えた交流・協力、地域における平和・共生の運動を網の目のように無数に張りめぐらせ、市民の手で市民の安全保障のオールタナティブを築いていくことを目指します。

呼びかけ人一覧
  • 高橋清貴(たかはし きよたか)
    • ODA改革ネットワーク世話人

members

問合わせ先
日本国際ボランティアセンター(JVC) 白川徹
TEL: 03-3834-2388 / E-mail: info@ngo-nowar.net

Facebook

Tohru Shirakawa likes

Ngo非戦ネット Ngo非戦ネット
Create your Like Badge


Latest Articles

【非戦ネット関連イベント】 7/3(日)国際協力活動を目指すあなたへ ~紛争地での支援現場から イラクでの活動を例に~

海外で活動するエイドワーカーやNGOスタッフに関心や興味をもっている方を対象としたイベントを実施します。たとえ […]

【非戦ネット関連イベント】 6/24(金)坊さんとNGOが語るぼくらの非暴力的安全保障 ジレンマと願い

2015年9月に、とうとう安全保障関連法案が可決。2016年の3月には施行されました。 去年は、(全員とは言わ […]

【非戦ネット関連イベント】 6/18(土)紛争現場からみた安保法制 -戦場の現実と向き合う-

昨年9月19日、国民多数の反対や憲法違反との声にもかかわらず、集団的自衛権行使の容認を始め、日本の自衛隊が海外 […]

【非戦ネット関連イベント】 JIM-NET主催 6/19(日)難民の日に「シリア・イラク・福島」を考える@立教大学

2016・6月19日(日)13:30開場14:00開会17:30終了予定 JIM-NETでは、イラクとヨルダン […]

【報告】「2000万人署名」提出を議員会館にて行いました

2016年5月19日、「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」の提出集会が衆議院第1議員会館にて行われまし […]

【非戦ネット関連イベント】5/21(土)<WE21ジャパン主催>谷山博史さん講演:「積極的平和主義」で失うもの ー紛争地の現実と市民社会ができること

WE21ジャパン総会記念 谷山博史さん講演:「積極的平和主義」で失うもの ー紛争地の現実と市民社会ができること […]

【非戦ネット関連イベント】4/28 (木) 「人権と民主主義―今、流れを変えるためには」伊藤真氏×SEALDs×三浦まり氏

ヒューマンライツ・ナウ、青山学院大学人権研究会主催 「人権と民主主義―今、流れを変えるためには」 伊藤真氏×S […]

【非戦の声㉑】「安保法施行に対して紛争地の現場視点から考える」日本国際ボランティアセンター(JVC)代表理事・谷山博史

NGO非戦ネット呼びかけ人 NPO法人日本国際ボランティアセンター代表理事 谷山博史   私は今から […]

【非戦ネット関連イベント】1/30(土)戦争法とNGO 南スーダンPKOをめぐって

あべ政治を許さない連続講座 第1回 戦争法とNGO 南スーダンPKOをめぐって 昨年9月、自公政権は、多くの反 […]