10/12(水) 【NGO非戦ネット公式イベント】 南スーダンの現状と自衛隊の駆けつけ警護 ~NGOの支援現場から視る~

20160827ngo%e9%9d%9e%e6%88%a6%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a

昨年9月、安保関連法が成立しました。その法のもとで、今年11月から南スーダンのPKOに派遣する自衛隊の部隊に「駆け付け警護」などの新任務が付与されます。日本の自衛隊の活動が大きく変わるため、大きな注目を集めています。

南スーダンで今月、紛争被害者の支援活動を実施した日本国際ボランティアセンター(JVC)のスーダン事務所代表の今井高樹さんが10月に一時帰国します。今井さんは2007年よりスーダンおよび南スーダンでの活動を行っており現地の事情に詳しく、また、日本のメディアもほとんど入っていない南スーダンの首都ジュバの状況を知る数少ない人のひとりです。なかなか情報がない南スーダンについて市民の目線で語っていただき、私たちの生活や平和について考える会にしたいと思います。

聞き手には自衛隊のPKO問題に詳しいジャーナリストの布施祐仁さんを迎え、分かりやすく解説してもらいます。

■日時:2016年10月12日(水)19:00~20:30
■資料代:1,000円(NGO非戦ネット加盟団体の会員は500円、高校生以下は無料)
■場所:築地本願寺講堂 (本堂に向かって左手、門法ホールの2階)
■定員:80人
■主催:NGO非戦ネット
■お申込み:以下のフォームからお願い致します(参加人数の把握にご協力ください)
goo.gl/6Grmpw
■チラシはコチラからダウンロードできます

 

スピーカー:

今井高樹(いまい・たかき)さん%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%90%e8%bf%91%e9%83%8a%e3%81%a7%e6%94%af%e6%8f%b4%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8bjvc%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95日本国際ボランティアセンター・スーダン事務所代表。
東京都出身。会社員生活のかたわらJVCの活動にボランティアとして関わる。2004年に退職後、アメリカの公立小学校にインターンとして勤務したのち、2007年5月 よりJVCスーダン現地代表。スーダン南部自治領(現南スーダン)のジュバに3 年にわたり駐在。2010年よりスーダン(北部)の南コルドファン州に移動、 2011年6月の紛争勃発後は首都ハルツームに駐在する。

 

 

 

fuse_yujin-large

布施祐仁(ふせ・ゆうじん)さん
1976年生まれ、ジャーナリスト。『平和新聞』編集長。著書に『経済的徴兵制』(集英社新書)、『ルポ イチエフ 福島第一原発レベル7の現場』、『日米密約 裁かれない米兵犯罪』(岩波書店)、『18歳からわかる平和と安全保障のえらび方』(共著、大月書店)など。岩波書店『世界』4月号に「南スーダン内戦に自衛隊はどう対処したか〜内部文書で見るPKOの真実」を執筆。

 

 

<会場アクセス>
築地本願寺講堂 (本堂に向かって左手、門法ホールの2階)
東京都中央区築地3-15-1
日比谷線「築地」駅 徒歩約1分 / 有楽町線「新富町」駅 徒歩約5分
浅草線「東銀座」駅 徒歩約5分 / 大江戸線「築地市場」駅 徒歩約5分


1 comment

  1. Reply

    フェイスブックのメッセージの方からも送りましたが、本日のイベントの会場ですが、
    「門法」ではなく「聞法ホール」かと。
    浄土真宗の僧侶の方よりご指摘いただいたので、出来たら訂正されるか、会場でのご案内の際にご注意下さいますよう、お知らせいたします。
    あちらこちらから失礼いたしました。
    m(__)m

    本日の講演会は私も大変関心があるのですが、都合がつかず残念です。
    ご盛会となるようお祈りしております。

コメントを残す

Your email address will not be published.