NGO非戦ネットの今後の動きについて (2016/9/8)

NGO非戦ネットは昨年審議されていた安保法制の成立に反対することを目的に結成されたNGOのネットワークでした。
安保法制が採決されてしまったこともあり、非戦ネットの「設立趣意」趣旨も現在の状況と差異が出てきました。
昨年度開催されたNGO非戦ネット呼びかけ人会議では、当面活動期間を今年の参院選までとし、その後見直しを行うことを決定していました。
それに従い、今年8月3日にNGO非戦ネットの呼びかけ人会議を開催し、今後の方針について討議を行いました。

主な決定事項は以下のとおりです。

  • NGO非戦ネットは今後5年間継続。1年毎に呼びかけ人会議を開き見直しを行う。
  • これまでは安保法制のみをターゲットにしていたが、今後は、9条の改憲やそれを含む「戦争ができる国にしようとする動き」に対してNGOの立場から意見を発信することを目的とする。あわせて趣意書を改訂。
  • 非戦ネットの活動の「重点課題」として「9条改憲」「安保法制施行」「武器輸出」を定める。

今後とも、海外の現場を知るNGOの立場から声を上げていければと思います。


コメントを残す

Your email address will not be published.